メニュー
close

神奈川エリア 高低差のある住まいづくり

高低差のある住まいづくり

高低差のある敷地で住まいをつくるポイント
ポイント1

道路と敷地の高低差をチェック
神奈川エリアによく見られる敷地の形態に、傾斜地で、道路や隣地との間に、または、敷地内に高低差がある敷地がよく見受けられます。この場合、さまざまな工夫や注意が必要になります。道路と敷地に高低差があったり、敷地内の高低差があったりした場合、擁壁工事が必要になる場合があります。また、既存の擁壁が老朽化している場合高低差によっては作り直さなければならない事もあります。その場合、建築予算とスケジュールに大きな影響が生じます。
高低差によって、擁壁の構造が違ってしまうため、建築予算に対する影響が大きく出る場合があります。
ポイント2

敷地内の地盤の固さをチェック
強固な住宅を建築しても、それを支える地盤が軟弱では意味がありません。また、同一敷地内でも、ポイント毎によって、地盤の固さに差がある時があります。その場合、住宅が傾いたりする”不同沈下”が起こる恐れがあります。その場合、基礎の仕様変更や地盤改良工事が必要になり予算に大きく影響します。
地盤の固さが均一ではないため、建物が傾いてしまいます。 良好な地盤まで杭を打つなどして、地耐力を強化します。