メニュー
close

神奈川エリア 相続のこと

相続税大増税!

  • 相続のこと
  • 相続税大増税
  • 相続税ハザードマップ
  • 相続税は減らせる
  • 相続税対策(二世帯住宅)
  • 相続税対策(自宅+賃貸住宅)
  • 相続税対策(庭先賃貸住宅)
相続税法の大幅改正により相続税大増税時代へ!!
平成27年から、いよいよ相続税が大幅な増税となりました。基礎控除される額が40%も少なくなり、最高税率も50%から55%にアップするなど、地価の高い都市部に自宅などの不動産をお持ちなら、3人に1人は相続税が課税されることが予想されています。例えば、横浜市内にご自宅や実家の土地約200㎡(約60坪)があるといった一般的な一戸建てで、相続資産が他に無くても親一人からの相続の場合、相続税が数百万円課税されることになります。では、相続税の課税を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。
確認1

こんな方は早急に相続対策をご検討ください!
  • 親の住む実家が都市部の土地付き一戸建て
  • 親が実家以外にも土地などの不動産を持っている
  • 親の資産が高齢者の平均(2,000万円程度)以上だと思う
  • 父(または母)が既に他界し、その資産を母(または父)が相続している
確認2

課税対象者が大幅に増えることが予想されます!
基礎控除の減額
相続税率アップ

右記内容にて相続税の流れから相続税対策までをご紹介

父が他界してからの一次相続、母が他界してからの二次相続まで、流れに沿ってご紹介します。

※生計を別にする自己所有マンションに住む息子が相続するため、小規模宅地等の評価減の特例は適用されないものとします。