メニュー
close

東京エリア 耐火木造建築について

ツーバイフォー耐火建築の実績はすでに2,700 棟を超えています。防火地域や木造密集エリアで建て替えをお考えなら、三井ホームの「木の家」をご検討ください。

防火地域で建築できるのは重量鉄骨やRC造だけではありません。

建物が密集した都市で火災が発生した場合に備えて、建築基準法では防火地域指定を設け、被害を最小限に食い止めるように措置を講じています。一定規模または一定階数以上の住宅は「耐火建築物」であることが求められていますが、防火地域では重量鉄骨やRC造しか建築できないと思い込んでいる方が多いのではないでしょうか。

「木」の住まいが防火地域でも建てられます。

実は2004年以降、防火地域でも「木」の住まいが建てられるようになっています※。「木」の住まいは居住性に優れ、人と暮らしを優しく包んでくれます。こうした特徴を持つ「木」の住まいについて、さまざまな実験と検証を繰り返し、「耐火建築物」としての道を拓いたのがツーバイフォー工法です。
※100m2以下(2階建以下)の場合、準耐火構造であれば2004年以前より建築可能

木造住宅密集地域

上記エリアにお住まいの方は、各自治体の補助金制度を活用できます。詳しくは営業担当者にお問い合わせください。

出展:「木密地域不燃化10年プロジェクト」実施方針 平成24年 東京都

一般地と同様のプラン・デザインを三井ホームが実現します。

ツーバイフォー工法は、木造では日本初となる耐火構造認定を2004年に取得しています。その第一人者である三井ホームは、質感あふれる湿式外壁や、室内空間をフル活用できる「ダブルシールドパネル」の耐火構造認定を取得しています。三井ホームなら、防火地域でも一般的な住宅地と同様のプラン・デザインが可能です。

三井ホームなら、多彩な耐火建築が可能です。

三井ホームの耐火建築は専用住宅はもちろん、商業施設や学校、病院など幅広い分野をカバー。都市部を中心に、ぬくもりあるツーバイフォー木造耐火建築に期待が集まっています。

大手住宅メーカー初木造耐火4階建て

三井ホームの耐火建築で可能な建築物の例
  • 1.延べ面積が3,000m2超の建築物(建築基準法第21 条)
  • 2.学校、病院、ホテル等の特殊建築物(同第27 条)
  • 3.防火地域の100m2超の建築物(同第61 条)
  • 4.準防火地域の1,500m2超の建築物(同第62 条)
  • 5.上記建築基準法以外の法令等により耐火建築物を要求される高齢者福祉施設や幼稚園等
三井ホームの耐火建築ヒストリーーツーバイフォー工法と耐火建築のあゆみー
1970年代
1974
  • 2階建が建築可能に
  • 工法オープン化、一般木造として建築可能に
1980年代
1982
  • 小屋裏3階建が建築可能に
  • 省令簡易耐火構造として扱われる
1987
  • 正3階戸建住宅が建築可能に
1990年代
1992
  • 防火・準防火地域以外での3階建共同住宅が建築可能に
  • 準耐火建築物として建築可能に
  • 3階建共同住宅実物大火災実験

木造3階建共同住宅の実物大火災実験

1997
  • 準防火地域での3階建共同住宅が建築可能に
  • 4階建以上が建築可能に(技術基準の性能規定化による)
    ※ただし、防耐火の法規制がかからない場合に限る
2000年代
2004
  • 耐火建築物として建築可能に
2005
  • 湿式外壁での耐火構造認定
  • 防火地域でも質感高い湿式仕上げが可能に
  • 屋根DSパネルでの耐火構造認定
    ロフトや小屋裏収納がつくりやすくなりました
2010年代
2010
  • 大手住宅メーカー初、木造4階建住宅商品を発売
2013
  • 都内初の「ツーバイフォー木造耐火建築(5階建)」がグッドデザイン賞を受賞
2015
  • ツーバイフォー耐火建築建築実績2700棟突破※
    ※日本ツーバイフォー建築協会ホームページより